S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインに想うこと

もう、バレンタインは終わっちゃったんですが(笑)
バレンタインって、日本に根付いたのはいつなんだろう。
とうコトでおなじみ「Wikipedia」で調べてみました。
深いです。深すぎて読み飛ばしちゃうぐらいです。笑
興味がある方はコチラを見てみて下さい。
かいつまんでみると・・・
・女性が、チョコレートを贈る習慣は日本で始まったものである。欧米でもチョコレートを贈ることはあるがチョコレートに限定されていない。
そうなんだ!バレンタイン=チョコだと思ってました。

そして、日本に「バレンタイン」がやって来たのは・・・
・神戸モロゾフ洋菓子店が1936年2月12日に、国内英字雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出し、1958年2月に伊勢丹新宿本店でメリーチョコレートカンパニーが「バレンタインセール」というキャンペーンを行った。
そ、そんなに古いんだ!!(驚)
でも、このときは売れなかったって。そうだよね、そんな時代だよね。

実際に根付いたのは・・・

・1960年に森永製菓が新聞キャンペーンを行なうなど製菓会社が積極的に動き出した結果、日本の文化として根付くようになり、現在に至っている。


なるほど、森永製菓の策略だったのねっ、まんまと騙されていたわっ(笑)


学生時代は私も好きな男の子にチョコを渡すのに必死だったなぁとふと懐かしくなりました。
20歳で結婚してからは、夫に毎年手作りチョコを贈るも甘いものが好きでない夫は数ヶ月冷蔵庫に放置なんて事もシバシバで、そのうち買ったチョコになり→自分が食べ(笑)
今年は「もういらないよね?」って言ってました。
あぁ、懐かしき乙女心。

今年は「逆チョコ」とかも出て来て、それも男子の支持率が非常に高いらしく更にはお返しは期待しないなんて言ってたから、イマドキの若もんは情けないなぁなんて思いながら、そんな自分がオバチャンになったのかなぁなんて。


私の大好きなアメリカ在住の日本人の方のブログにはこう書いてありました。
「男女問わずに愛をシェアする日」
素敵ですね。この考え方が一番好きです。


でも、私はこの世の食べ物の中でチョコが一番好きなので「もうすぐバレンタインやね」と何気に義理チョコをねだろうとしていた同僚の男の子に「今年は逆チョコもありよ♪」と否定していた逆チョコをねだってみたのでした。
結果は・・・・もらえなかったけどね。笑


さきほど書き終わった後自分のページを見たら左下のコトコトのヒトコトに
「近頃の若い者云々という中年以上の発言は、おおむね青春に対する嫉妬の裏返しの表現である」と書いてありました。見透かされた?笑
人気ブログランキングへ
応援よろしくお願いします♪
スポンサーサイト
変わってきた | HOME | 元気をもらう

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。